『現場の相棒』第2弾 『乳酸菌GABAゼリー』はこうして生まれた

『現場の相棒』第2弾 『乳酸菌GABAゼリー』はこうして生まれた

今年の夏は熱中症対策としていろんな現場を応援してきた『現場の相棒・塩ビタミンゼリー』。冬になってもいろんな現場でがんばるあなたを応援したい! そんな気持ちで【現場の相棒・第2弾】となる『現場の相棒・乳酸菌GABAゼリー』を開発し、2020年11月26日から発売となりました。

名前の通り、腸内環境を整えるといわれる「乳酸菌」と、ストレスの緩和や疲労感の軽減につながると言われている「GABA(ギャバ)」を配合。乳酸菌も厳選し、森永乳業様が保有する数千株の中から選ばれた乳酸菌である「シールド乳酸菌※」を使いました。ゼリー1本で20億個、5本でなんと100億個もの乳酸菌が摂れるんです!

さらにブドウ糖、クエン酸も加えることで、「おいしくてカラダが喜ぶ」スティックゼリーが完成しました。味はみんな大好き、乳酸菌ドリンク風味! 大人も子供安心して召し上げっていただけます。

現場の相棒 乳酸菌GABAゼリー

 

● 冬だって頑張るみんなを応援したい!

前作同様、今回の相棒ゼリーも(株)ノダキの野田社長との異業種コラボから生まれました。野田社長がよく知る製造業の現場は、過酷な夏に負けないくらい、冬は冬で厳しいものです。寒さや乾燥に加え、冬場は風邪やインフルエンザが流行します。さらに今年は未だ猛威を振るい続ける新型コロナウイルスの感染・・・。体調を崩す現場スタッフが出ると、ご本人が辛いのはもちろんのこと、それをカバーする他のスタッフも大変です。体調管理も立派な業務のひとつといっても過言ではない世の中になってまいりました。

「みんな元気で頑張って欲しい。それには免疫力を上げるのが一番だ!」

そう思った野田社長は、 “菓子造りの相棒”である安部専務に再び話を持ちかけます。免疫力を応援するゼリーを作りたいと。季節はあの暑かった夏はどこへやら。秋風がそろそろ冷たくなりかけていた時期でした。

 

● 相棒ならではのシンクロ?

一方、共親製菓も「次は乳酸菌だろう」と、夏の終わり頃から密かにアイデアを温めていました。乳酸菌といえばドリンクですが、お菓子となるとキャンディーやタブレットはあるけれど、乳酸菌のゼリーはさほどポピュラーではない上に、「相棒サイズ」のスティックゼリーとなると、他では見かけたことがありません。

ならば、またオンリーワン商品を作っちゃう?! と、早速開発に乗り出すのがフツーなのかもしれませんが、ただの乳酸菌味のゼリーだけでは面白くない。もっと何かプラスアルファが欲しい!! そう思ってさらなる調査を進めていたのです。

冬に頑張っている人って、どんな人がいるだろう・・・? 思いを広げて行きました。
医療や福祉関係の方々、ものづくりの現場、スポーツ、部活、学校・・・あっ! そうか!受験生!!

寒い季節、クリスマスもお正月も返上して勉学に励む受験生を応援するには、やっぱり「勉強系」だよね。となると、良い成分は・・・あっ! そうだ! GABA(ギャバ)!!

やや連想ゲームのようになっておりますが、いつかはGABAを使った商品を作ってみたいと思っていたので、成分的なものはすでに調べてありました。集中力UP、脳の疲労の軽減、ストレスの緩和にもつながると言われているGABAは、受験生を応援するのにぴったりの成分です。しかも乳酸菌とGABAの組み合わせは、まだ市場であまり見たことがない・・・

い、いける!!

そう確信し、社内の商品開発の相棒・伊藤くんと二人で新商品の開発に取り掛かりました。

一般的にお菓子の新商品を出すには、3ヶ月から半年ほどの開発期間が必要です。しかも通常業務をこなしながら、試作品をいくつも作っていくので、ある程度時間がかかるのです。新しいゼリーは冬には出したいけれど、年内はちょっと難しいかな。年あけ早々、1月中なら受験には間に合うか・・・などと話し合っておりました。季節はまだ残暑厳しきの頃の話です。

 

● 「異業種」だからできた!

幸いなことに『現場の相棒・塩ビタミンゼリー』が好評で、秋に入っても引き続き生産が続いていました。野田社長も多忙を極めていたのでしょう。相棒ゼリー第2弾の話はまだ来ないけれど、こちらでできることは進めておこう。そんな風に思っていた矢先、ひょっこり野田社長が現れました。そして出たのが「免疫応援系のゼリー」の話です。

待ってました!とばかりに、乳酸菌&GABAゼリーの開発を始めたことを、野田社長に話します。奇しくも同じことを考えていたなんて、さすが相棒!

でも、次に出た言葉に安部専務と伊藤くんは愕然となります。

野田「本格的に寒くなる前に出したいよね。年内。できれば11月♪」

共親「え? 11月?!(驚) いやいや野田さん、今もう9月半ば過ぎですよ! 時間的にムリですって!!!」

野田「えーー、そんなこと言わずに、まずはできると思ってやってみようよ。できなかったらその時考えよう」

それを受ける安部専務&伊藤くんも「素直10段黒帯認定」だと思いますが、野田社長の力強い言葉に支えられ、猛スピードで開発に取り組みました。幸いなことに必要な検査や味のチェックもスムーズに進み、なんと開発期間1ヶ月半という共親製菓はじまって以来の超スピードで、新しい商品が誕生しました。

これも、お菓子業界の常識を全く知らない野田社長がいてくれたおかげで、あっさりとハードルが超えられ、扉がバンバン開いたのだと思います。この時のことをお二人に振り返えってもらうと、

安部「僕たちだけだったら、この短時間勝負はムリでした」

伊藤「これはもう、奇跡です」

でも、この経験はお二人にとって、共親製菓にとって大きな宝となりました。

こうして超ド級のスピードで生まれた『現場の相棒・乳酸菌GABAゼリー』。開発期間は短かったですが、味ピカイチ! 成分も申し分なし! 大人も子供も大好きな乳酸菌ドリンク風味に仕上がりました。

 

ありがたいことに、すでにたくさんのメディアに取り上げられております。

名駅経済ニュース
https://meieki.keizai.biz/release/54267/

googleニュース
https://news.google.com/search?pz=1&cf=all&hl=ja&cf=all&scoring=n&q=%EF%BC%A7%EF%BC%A1%EF%BC%A2%EF%BC%A1&gl=JP&ceid=

サカエ経済新聞
https://sakae.keizai.biz/release/54267/

 

ここ最近、新型コロナ感染が過去最高の拡がりを見せておりますが、『現場の相棒・乳酸菌GABAゼリー』が少しでもお役に立てることを願っています。

※シールド乳酸菌は森永乳業(株)の登録商標です。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Book